まずは検査を|肥満外来で綺麗に痩せるべし|体質改善で一目瞭然の効果を得る

肥満外来で綺麗に痩せるべし|体質改善で一目瞭然の効果を得る

このエントリーをはてなブックマークに追加

まずは検査を

相談

卵巣がんには3種類あります。卵巣を覆う上皮にできるもの、胚細胞に発症するもの、性索間質にできるものの3つです。発症する部位によって種類が異なりますが、統計的には全体の9割以上が上皮で発症するがんです。自覚症状はほとんどありませんが、腹部に違和感を感じたときには病院の産婦人科に行って検査を受けることをおすすめします。最初に受ける検査としては、内診が原則になります。膣に指を入れて卵巣の状態を確認します。場合によってはお尻に指を入れて直腸の状態に異常がないかも調べます。このときに卵巣がんの疑いがある場合はエコー検査を行います。これは卵巣部分に超音波を当てて調べる方法です。転移の有無もこれでわかります。

卵巣がんの最新の治療法として、免疫細胞療法が登場しました。これは身体の免疫細胞を身体の外で増殖させて、その後に身体に戻すというものです。こうして免疫力を高めることでがん細胞に対抗するというわけです。これまで用いられてきた抗がん剤、放射線療法、外科手術に比べて副作用が一切ないという特徴があります。卵巣から転移したがんにも効果的です。また、最近は陽子線治療も注目されています。これによって通常の放射線の欠点だった正常細胞への攻撃がなくなりました。卵巣がんの局部だけを攻撃することができます。痛みはほとんどありません。1回の施術は15分程度で済みます。身体への負担も少ないので高齢者や身体の弱い人も受けることができます。