的確な治し方として|肥満外来で綺麗に痩せるべし|体質改善で一目瞭然の効果を得る

肥満外来で綺麗に痩せるべし|体質改善で一目瞭然の効果を得る

このエントリーをはてなブックマークに追加

的確な治し方として

病院

基本的な症状

鼠径ヘルニアは、小腸の一部が太ももの筋膜を通って皮膚の下まで出てくる症状のことです。おなかを膨らませたときに普通はおなかが大きくなりますが、それだけでなくももの付け根のあたりに出っ張りが出てきます。これは小腸の一部です。初期においては触ってみると柔らかくすぐに引っ込みますが、進行してきますと、硬くなって強く押しても引っ込まなくなります。このような症状があらわれたらほぼ間違いなく鼠径ヘルニアです。そのため、病院で検査を受けて手術を受ける必要があります。発症する年齢層は非常に幅広いです。赤ちゃんから高齢者までです。手術方法にはいくつかありますが、鼠径ヘルニアの状態に応じて行われる手術は異なります。

3つの治療法

鼠径ヘルニアの治療法の代表的なものとしてクーゲル法があります。これはポリプロピレンのメッシュで小腸が太ももの下に出てくることを防止するための手術です。また、メッシュプラグ法というものもあります。近年最も広く用いられている手術方法ですが、筋膜に専用のプラグを挿入して小腸が出てくるのを防止します。さらに、ポリソフト法というメッシュで筋膜全体を覆うことで小腸の出っ張りを防ぐというものも登場しています。これらの手術法には共通点があります。それは体に負担がかからず施術時間も短いということです。傷跡が残ったとしても4センチ程度しかありませんので、ほとんど目立ちません。入院する必要はありますが、短期間で退院できます。